英会話スクールを選ぶ

英会話を学ぶのに間違いは必須

英会話の勉強法ややり方、進め方というのは、本当に様々なものがあります。

 

色々な本やネットにも勉強法あれこれが存在していますが、まず英会話の根本として”相手”がいるという前提があります。英”会話”なので、至極当たり前になりますが、コミュニケーションは相手がいなければできません。

 

 

そういった意味で、英会話は基本一人でできるものではないので、まずは一緒に話してくれる会話の相手や英語を実際に話すようなアウトプットの機会を探すのが、ベストといえるでしょう。

 

 

おろそかに出来ない基礎体力

そうはいっても、その会話は相手の言っていることを理解できないと会話のキャッチボールになりませんので、リスニングのチカラや語彙力といった、基礎力というのは当然必要です。

 

 

相手の口から発せられる単語がそもそも分からなければ、相手の言いたいこと、いわんとしていることを正確にできませんので、そういった面でも当然基礎体力というのは必要で、とても大切なものになります。

 

 

それでも早く習得したいなら

やっぱり実際に英語を話してみてしまうことが手っ取り早いでしょう。相手は日本人でも構わないと思いますが、できればネイティブスピーカーと喋った方が上達が早いでしょう。はじめは言っていることがわからなくても、少しずつ聞けるようになります。

 

机に向かうような勉強であれば、自分で調べて自分で理解しようとしますが、英会話においては相手に聞いたほうが早いですし、上達も早くなります。

 

 

気になる表現や意味のわからない単語。そういったものもその時その時で逐一確認していけば、一石二鳥です。

 

 

また、日本語なまりの英語や、ブロークンな文法を、最初からあまり気にする必要はないと思います。ネイティブスピーカーと喋っていても、そこまでスクウェアな文法で喋っている人はかえって珍しいです。

 

 

それが難しいならオンラインのチャットを使うことも悪くないと思います。日本人はLとRの聞き分けや発音が苦手だと言われていますが、チャットなら最初に文字があるので、それで間違うことはありませんし、英会話の苦手意識を克服するにはいい方法でしょう。

 

 

とにかくしゃべる。気にせずしゃべる

自分の英語が間違っているか間違っていないかと迷うのははっきりいって時間の無駄です。

 

 

違う言語を話そうとしているわけですからら、はじめから完璧を目指そうとするのは無理な話です。無茶なことです。

 

 

そういった意味でも、わからなかったらその都度確認し、その場で確認しましょう。間違えることが次の一歩につながります。恐れずに猪突猛進で勉強に取り組んでいきましょう。

英会話の勉強法記事一覧

英会話、英語の勉強のひとつとして、英語で手紙を書いてみるというのもおすすめです。英語のアウトプットのひとつとしてというよりも、バックグラウンドの違う人との交流という経験で手紙でコミュニケーションをとるというのは面白いですし、話す前段階として経験するのもいいでしょう。会話であれば、返答に困ったりなんて表現したらいいのかと、しどろもどろになってしまう可能性はありますが、手紙であればじっくり時間を取れま...