英会話サービスを選ぼう

英会話における取り組み

日本人の多くには英会話が苦手、あるいは抵抗があると思っている人が多いです。

 

英語そのものの苦手な人の割合と比べても英会話の方がずっと多いように思います。英語のテストは全然苦じゃないけど、英会話そのものになるとしり込みしてしまう。という方は以外に多いように思います。

 

 

英語の教育現場でも

受験でもリーディングや文法知識が中心で、最近ではリスニングも取り入れられていますがいわゆる会話として言葉のキャッチボールをするという訓練をする機会というのがほとんどないというのも大きな要因かもしれません。

 

学校教育においても、英会話の勉強というのはほとんどなく、リーディングやライティングといった授業を中心にカリキュラムが組まれています。

 

だから英会話にしり込みしてしまう方が多いのも理解できますが、ゴールを考えた場合、TOEIC高得点よりも相手とコミュニケーションをとることをゴールとしたほうが実用的です。

 

 

 

日本語ベースでの勉強

また、日本語ベースでの勉強もさらに英会話への大きな壁にしているのもひとつあるかもしれません。

 

日本人の英語の発音はカタカナ英語といわれるようにどうしても子音だけの発音がなく苦手なようです。どうしてもそういう日本語ベースでの授業となると、発音もそちらに寄ってしまうことがあります。

 

 

またRやLなど「ラリルレロ」では表現しきれない言葉も有りそれらを聞き取るというのが至難の業ということで、もちろんそれらを発音して伝えるというのも難しい状況です。特にカタカナから英語として覚えてしまうとRとLか分からなくあやふやな状態ネイティブから聞き取るとまったく予想外の単語だったということも多々有ります。

 

 

それら解消していくにはやはり、ネイティブの発音する音で単語を認識し、また聞き取るほうは単語だけに頼らず文脈から大意をつかむようにするなど工夫をしつつ音に対する経験値を地道に上げていくというのが近道です。

 

 

関連ページ

英会話勉強のコツ
英語の勉強は実際にコミュニケーションをとるのが一番。今は英会話サービスも様々な中、自分にあったサービスを利用するのが上達のコツ
英会話を恐れる必要はない
英語の勉強は実際にコミュニケーションをとるのが一番。今は英会話サービスも様々な中、自分にあったサービスを利用するのが上達のコツ