英会話サービスを選ぼう

英語を恐れる必要はない

「正しい英語を話せないから。」「あっているかどうかわからないから。」ということを考えてしまって、結果なにも話さないということを経験した人は意外に多いかもしれません。

 

 

意見を求められたけれど、英語の表現がわからなくて黙っているというケースもあるかもしれませんが、そもそも正しい、正しくないなんてことは、「それなりの場」で求められるものであって、日常的な会話で要求されるようなことではありません。

 

 

考えすぎな日本人

これからの世界、英語が必要だと感じている人も多いと思います。そして実際に勉強している方もいると思います。

 

 

おそらく皆さんは「恥ずかしい英語は話せない・使えない」と思っているかも多いでしょう。

 

 

しかし、冒頭でもお伝えしたとおり、正しい英語ができないことに対して何か問題になるケースというのは思っている以上に少ない稀なケースにあたります。

 

 

「仕事で大事な会合がある」「学会で大切なスピーチがある」というようなビジネスシーンやアカデミックな場面でくらいなものじゃないでしょうか?

 

 

そういう場に出る人は、そもそもあらかじめその場に立つのに向けて前々から準備しています。

 

 

日常会話程度の場面で正しい正しくないからと考えるのは、かえってナンセンスではないでしょうか。相手もネイティブではなく、共通語として英語を利用している我々についてそこまでのレベルを要求してくることはありません。

 

まして、勉強の途中の人に対してそういう態度はまずしません。

 

 

 

世界の英語

変な英語や発音がおかしくたって全然問題ありません。というか、発音がおかしいのは日本人の英語だけではありません。

 

シンガポールの英語は「シングリッシュ」と呼ばれるほど独特なものです。また、イギリス・アメリカ・オーストラリアといった英語圏の国々も発音が違います。

 

 

地域性があり、本当に均一で正しい発音は無いといってもいいでしょう。ネイティブ英語を正しいと定義するならその国の英語が正しいといく話になりますが、イギリス英語とアメリカ英語でも違いますので、そもそもそこまで気にする必要はありません。

 

 

 

はっきりと伝える

堂々と自分の言いやすい発音で英語を話しましょう。ボソボソとおっかなびっくり話す方が声が小さくて相手に聞き取りづらいです。

 

相手の方も「この日本人は英語も話せないのか」と思うより、「この日本人は発音は変だけど堂々と話すから会話しやすい」と思うでしょう。逆の立場になって考えてみるとよくわかります。

 

 

小さな声でボソボソと「ア、ワタシハ…」と話す外国人の方とハキハキと「ア、ワタシハ…」と話す外国人の方の方が印象は良いですよね。なので、英語は発音に不安があっても堂々と話す方が良いです。

関連ページ

英会話勉強のコツ
英語の勉強は実際にコミュニケーションをとるのが一番。今は英会話サービスも様々な中、自分にあったサービスを利用するのが上達のコツ
英会話への取り組み
英語の勉強は実際にコミュニケーションをとるのが一番。今は英会話サービスも様々な中、自分にあったサービスを利用するのが上達のコツ